« 2006年4月2日 | トップページ | 2006年4月5日 »

2006年4月 3日 (月)

懐かしいです。(* ^ー゚) 歌の事。

Requiem1 昔、声楽をちょこっと習いました。
あ、ソプラノってがんばるとガラス割できるって聞いて。

ピアノを諦めて、何かしたかったんです。
(ユニゾンできませんからΣ(^∀^;)

声 とっても変わってるんです。骨格のせいかな?
ピアノならっていた幼い頃、ドの音がでなくて。
音域は狭いし、合唱すると水の中の油状態。 Σ(゚д゚lll)ガーン
それを知ってから、学生時代はいつもくちぱくでした。
顎か小さいからなのか、なので、お手本のような声はでず。

必死で探したのが、コナー・バロウズのCDでした。
(モーツァルトのレクイエム大嫌い。なんであんな編曲?)

大きなホールで初めて歌った曲は、「この道」
声がまだきちんと出来てないので、むらがあり、音程も不安定。

でも、聞いてくれた人が「どちらの学校ですか?」

びっくりしました。
音大生より、私の方が上手いというのです。
きっと伴奏がよかったのと。声が変わっているからかな。

ピアノの違って、スタートが遅いから
声の音色で判断されるのかもしれません。

幼い頃からのステージマナーが助けてくれたのかな?

今だわからずです。

しかし、好き嫌いの激しい声のようです。
昔、バイト先で3日間無視された事がありました。
他の女の子たちが助け舟をだしてくれて、事なきを得ました。

今は、事件後歌ってはいけないといわれてたのを、
なので、声帯をいためてしまったもようです。

http://eee.eplus.co.jp/s/bac/

こちらにコナー・バロウズさん達の声があります。
とても綺麗なボーイソプラノです。

あそう、サラ・ブライトマンも良いです。

CMに使われているのが好きです。

| | コメント (0)

今も聞きながら・・・。

なんで、切ないものが好きなのかな?

深夜ふと思いにとらわれてしまいました。

映画といえば、

TVで見るくらいで、心理の勉強をするようになり、

アンテナに引っかかったものを見るようになりました。

(レンタルですが)

海の上のピアニストPhoto_7

そっか、そうだな~と。

この頃事件があって、

私もそうしたいという気持ちが強かった。

音楽好きで、切ないものが好きな人オススメです。

天使とデート

Photo_19 画像でもおわかりだと思いますが、

主役の天使さんがとってもキュートで、

あの大きな瞳がステキです。

お話しはさておき、

彼女が見たくて、レンタルしたのが懐かしいです。

シザーハンズ

Photo_18 とても切なかったです。

ジョニー・ディップ主演。

最後の

シーンが忘れられません。

リバティーン関連では、

太陽と月に背いて」  

Photo_9若いディカプリオが

ランボーを演じていました。

今の彼の

イメージとは違ってよくできていました。

ディカプリオでは、

バスケPhoto_10ットボール・ダイアリーズ

これも

若いディカプリオが演じてました。

学生さんには見てほしいな。

カーマ・スートラ/愛の教科書

Photo_11インドの監督さんのもの。

年頃の女の子に見てほしいかな。

男と人の狡さ。本当のやさしさなど。

恋の闇_愛の光

 堕落した医者が

本来の姿に目覚めるお話し。

このころ、ちょうど転換期でした。

がんばらなくちゃと思った映画でした。

確か、衣装がとてもよくてアカデミー賞だったような。

チャーリー

さよならPhoto_12おじさんが絶賛していた映画。

チャップリンの映画です。

主演はロバート・ダウニー・Jr

バンドマンのお兄さん薦めました。

アーティストの苦労、社会からの批判など。

ワンPhoto_17・ナイト・スタンド

同じ俳優さんがエイズ患者として出演。

すこしチャップリンが抜けてなくて・・・・。

エイズの患者さんの演技は

とてもよかったです。

この俳優さんを見つけてみた映画です。

世界Photo_13の涯てに

主人公の女の子が

結構頑固者で、なんだか私みたいでした。

最後の風景がとても綺麗でした。

アイルランドだったかな。

LOVERS

とってLovers_1も衣装が綺麗でした。

衣装担当は、

わだえみさんだったかな。

桃色の衣装の

チャンツィーの舞が印象的です。

聖者の眠る街

ホームPhoto_14レスのおじさんと

精神疾患を抱えた青年のおはなしです。

このころは、電話でがんばっていた頃。

キリスト教なら、この台詞つかえるのにと。

いろいろ、考えさせられた映画です。

始皇帝暗殺

独裁Photo_15者始皇帝に

こんな過去があったならという映画です。

孤独で惨めな姿が忘れられません。

長くなりすぎですね。

最後は動物もので、「トゥー・ブラザーズ

トラの兄弟のお話しです。父トラのやさしさ。Photo_16

母トラのやさしさ。ご家族でどうぞ。(* ^ー゚)

では、今日はこの辺でねた切れかな。

眠れないので、だらだらと書いてしまいました。

読んでくださった方、ありがとうです。m( __ __ )m

また、映画などについて書きますね。(ρw-).。o○

| | コメント (0)

« 2006年4月2日 | トップページ | 2006年4月5日 »